お買い物はこちら
ビーズの世界


1.クリスタル ガラスの歴史

16〜17世紀にかけてベネチアのガラス職人は、それまで水晶からしか出来なかった装飾用のガラスを溶解から人工的に生産することに成功しました。これがクリスタル ガラスの誕生です。


そのクリスタル ガラスからチェコのボヘミアのガラス職人がカッティング加工法を開発しました。そのカッティング加工法は、素晴らしい光の屈折を起こし嘗て無い光沢を生み出しました。クリスタル ガラスの発明と共に、ボヘミア ガラス職人のカッティング技術は、ガラス工芸の世界を変え、ウイーンのハプスブルグ家や多くの貴族の館の室内装飾にボヘミア クルスタルを使用し世界中を魅了しました。チェコはソビエト社会主義管理下にあり、ボヘミア クリスタルも1992年のチェコ独立迄、東西の鉄のカーテンに閉ざされていました。


現在、品質が極めて高いチェコ ボヘミアのクリスタルも漸く、脚光を浴びる様に成り、様々な装飾品に使用される様に成りました。幅広い需要に応える為にチェコ ボヘミア職人は、様々な商品を開発しています、室内装飾、衣料品、鞄、靴、アクセサリー雑貨と多岐に渡り使用されております。


チェコは世界最大のクリスタルの生産国であり輸出国です。チェコのボヘミア地方は、500年以上の歴史を持つガラスの産地と成っています。





2.クリスタル ガラスとは

クリスタル ガラスは、酸化鉛を含んだガラスで一般的な定義では、17%以上酸化鉛が含まれるガラスをクリスタルガラスと呼びます。ガラスは、含有物によって様々な種類にわかれます。 ガラスの中でもクリスタル ガラスは、最も透明度の高いガラスです。


ガラスの表面をカットすると、輝きと光の屈折が増します。無色透明で良質なクリスタル・ガラスを素材に選ぶことでより一層輝きのある物に成ります。このため欧米では、今日でもボヘミア クリスタルガラスが最も価値あるガラスと認められています。ボヘミア独自のモチーフの多くは、民族レース工芸に由来しています。(中世ボヘミア地方は、レースの産地でもありました。)


クリスタルは、ガラス本来の純粋な美しさを持ったガラスのみを形容する言葉であり、全てが光に由来するその美しさ、即ち光輝、光沢、反射、屈折がその表面に満ち溢れたガラスを称える言葉なのです。


ボヘミア クリスタルが欧米で現在でも名声を博しているのは、完成されたガラスという素材固有の美しさと、それにふさわしい高度な装飾技術法(カットとグラヴィール)によるのであると言います。





3.ラインストーンの種類

安価なラインストーンは、第三国にて生産されその全てがPRESSED STONE(プレス ストーン)です。プレス ストーンと言うのは、金型にガラスを流し込むだけの物です。光沢が少なく、長持ちしません。


チェコでは、ボヘミア地方で精製した最高品質のクリスタルを各メーカー独自のカット技術により輝きを出します。これは、MACHINE CUT STONEと呼ばれています。カッティング後、光沢が保つ様にラインストーンにコーティングを加えています。ラインストーンをカバーしているメタルのメッキもコーティングが施されています。従って、ラインストーン、メタル双方共にドライクリーニング対応出来ます。





4.ボヘミアン クリスタル(RUNNING BRIGHT)

当初は、室内装飾に使用されていたクリスタルが、ハンドバックや靴のアクセントそして衣料、現在では多くの有名ブランドで頻繁に使用される様に成りました。


その殆どが、手付け又は高周波、熱接着です。どちらもラインストーンの価格以上に手間賃が掛かる事も珍しくありません。又、第三国から安価で品質の悪いラインストーンの付いた商品が大量に入荷されています。


クボリキレースは、如何にして輝きの高いボヘミア クリスタルのラインストーンをファッションの装飾として使用する事を開発してきました。そして、チェコ現地のメーカーと研究を重ねRUNNING BRIGHTを開発しました。


メッシュ生地のマス目の大きさに合わせて自由に柄を表現出来ます。従って、お客様から好きな柄の提案を受ける事も出来ます。ラインストーンの色もお選び出来ます。細幅でもモチーフとしても柄の作成が可能です。又、ナイロンメッシュも使用可能です。ナイロンメッシュ生地を使用する事で土台のメッシュ生地も好きな色に染色出来ます。(染色は、反応染色に限られます。)





5.LACE & CRYSTAL

クボリキレースの品質の高い日本製レースとボヘミアン クリスタルの組み合わせです。レースの高貴な雰囲気がラインストーンによって更に引き立ちます。真鍮金具でラインストーンを1つ毎に“かしめて”いますので容易には外れません。(HOTFIXのように洗濯等で外れる事は殆どありません。)染色が可能です。